融雪王 使用方法のよくあるご質問(凍結防止編)

融雪王HS-2200シリーズの使用方法について、よくあるご質問と、その対処についてご紹介致します。

『融雪槽内の水が凍結してしまった』

シーズン中、特にここの数日のような厳冬期には、融雪機内の水が凍結してしまう場合があります。
凍結したまま使用すると、故障につながるおそれがありますので、凍らせないようにして下さい。

◇水を凍らせないためには…

①凍結により散水管から水が出なくなるのを防止するため、ポンプ室の配管にヒーターが取付されています。シーズン中はスイッチボックスのヒーター入/切スイッチを押して、ヒーターを常時入れたままにして下さい。(作動中はスイッチボックスのヒーターランプが点灯します)

 

 

 

 

 

 

 

②週1回、2~3分位雪を入れないで運転すると、融雪機や周りの土壌が温められますので、凍結が軽減されます。運転中は融雪機から絶対に離れないで下さい。

③融雪機の蓋に別売の専用ゴムカバーをかけて、その上に浅く雪をかぶせると、凍結の軽減に効果を発揮します。

 

◇水が凍ってしまった場合には…

①ヒーターを入れ忘れていた場合には、操作ボックスのヒータースイッチを押してランプを点灯状態にして下さい。

②排水口ネット周辺の水が凍ってしまった場合には、排水不良の原因となりますので、施錠棒などで排水口ネット周辺の氷を砕いて下さい。

 

 

 

 

③凍結していて散水しない場合には、ポンプ室内の散水ポンプ周りの氷を割って下さい。その際は、ポンプ周りのコード類を傷つけないように注意して下さい。氷が割れないときは、散水ポンプについている配管の根本部分に直接お湯をかけて、氷が融けるのを待って下さい。

 

 

 

 

 

 

 

※氷が割れない位厚く結氷している場合には、販売店へご連絡下さい。

※上記は、融雪王HS-2200シリーズの写真となります。型式によって構造が異なりますのでご注意願います。

Follow me!