ロードヒーティング用 降雪センサ エコⅡ

1.制御装置を徹底改良!

2.スマートフォンから運転停止対応!

3.低価格センサでコストを削減!

降雪センサ

ロードヒーティング用 降雪センサ エコⅡ

制御装置

制御装置

省エネ効果を高める3つの機能を採用!!

降雪検知遅延

  • 融雪の必要のない小雪でのムダな運転を行いません。
  • 設定時間以上降雪を検知しないと融雪運転を行わないので経済的!

降雪検知遅延機能

設定時間を0~30分まで設定でき、効率の良い融雪を行います。

2ステップ遅延タイマー

設定温度を高く維持する遅延タイマーと、低い設定温度で停止する凍結防止タイマーからなる2ステップ遅延タイマー運転により、節約が期待できます。

従来の2ステップ遅延タイマーなしで予熱運転なしの運転は、下図のように降雪終了後に発生した雪の融け残りが、遅延タイマー運転中に無くなって地中温度が上昇し、遅延タイマー運転の最後に運転が停止します。
エコⅡの2ステップ遅延タイマーは、従来の遅延タイマー時間の前半を設定温度を高く維持した遅延タイマー運転でパワフル融雪を行い、後半を低く設定した温度に地中温度が到達したら停止する凍結防止タイマー運転で、雪が無くなって地中温度が上昇する時間を早く検知できるので、運転時間の節約が期待できます。また凍結防止タイマーの設定時間は、自動設定値または固定値から選択できます。

通電遮断時タイマー記憶機能

全ての熱源に対応:電気式・灯油式・ガス式・ヒートポンプ式

通電遮断時タイマー記憶機能(融雪用電力使用の場合)

通電遮断前の降雪・遅延タイマー値を記憶する機能がない従来の廉価タイプの降雪センサは、夕方の通電遮断時間帯の復電後に降雪・遅延タイマー値がリセットされて融雪運転が出来なくなり、雪の融け残りが発生することがありました。通電遮断前の降雪・遅延タイマー値を記憶して復電後に運転を継続するエコⅡの機能により雪の融け残り防止が期待できます。特に長時間遅延タイマー運転を行うヒートポンプ式ロードヒーティング等で、効果が発揮できます。

※融雪用電力は現在は東北管内のみの使用になります。

「スマホから運転・停止」対応

別売の「ロードヒーティング遠隔監視システム」に接続すると、
融雪状況をスマホで見ながら、こまめな運転・停止操作ができます。
ロードヒーティング遠隔監視システムの追加で、ランニングコストが大幅削減できるようになります。
マンション・アパート等のオーナー様向け機能です。

通信費
ヒルコネットは、遠隔監視システムからdocomo社LTE回線を経由して、インターネットに
接続できる格安回線です。
スマートフォンからインターネットまでは、お客様のスマートフォン回線を利用しますので、
追加費用が不要です。

 

カタログダウンロード